快適性に加えて冷暖房費の節約も

省エネ対策(遮熱/断熱)のフィルム施工サービス

フィルムで手軽に省エネ対策

窓ガラスにフィルムを貼るだけで、冬は寒さ対策、夏は暑さの対策ができます。フィルム・ファクトリーでは様々な種類の断熱/遮熱用フィルムを用意しております。お困りの場合にはお気軽にご相談ください。

フィルムを貼ると効果があります。

住宅において、夏または冬における開口部(窓や出入口)からの熱の流出入は、下図の通り、屋根・換気・外壁・床等より高いことが知られています(夏:73%(熱流入)、冬:58%(熱流出))。この熱の流出入の改善対策として、大掛かりな工事も必要なく導入できるフィルム施工は有効な手段になります。フィルムを窓ガラスに貼るだけで、住宅・オフィス等の居住空間の快適性向上や空調機の効率化による省エネ効果(節電)が期待できます。

一般社団法人日本建材 住宅設備産業協会

フィルムの種類:遮熱・断熱フィルム

省エネ対策のフィルムは、「遮熱フィルム」と「断熱・断熱フィルム」の2グループに分かれます。強い日差しによる不快感や室内の温度上昇軽減をご希望の場合には「遮熱フィルム」をご検討ください。一方、日差し対策だけでなく冬の寒さ対策もご希望の場合には「遮熱・断熱フィルム」が有効です。

遮熱フィルム:強い日差しを軽減させるフィルム(暑さ対策)
遮熱・断熱フィルム強い日差しの軽減に加え、熱の流出抑制に対応したフィルム(暑さおよび寒さ対策)

遮熱と断熱は意味が異なります!

遮熱、断熱については、下記の通り意味が異なります。しかしながら、太陽光を通過させない不透明な建物の外壁などは、太陽光が外壁で遮断され熱に代わることから、遮熱という表現は使わず断熱としてひとくくりに説明されている場合があります。一方、採光のため太陽光(日射)を透過させる透明な一枚板の窓ガラスなどは、外壁のように太陽光を遮断する働きは低く、また断熱の効果もほぼありません。そして、これらの性能を評価するには、それぞれに検討・確認する必要があります。このことから、窓ガラスについては遮熱と断熱は分けて表現します。フィルムについても窓ガラスと同様です。

遮熱:日射を反射したり吸収することで、日差しによる熱の部屋への侵入を防ぐこと
断熱:室内側と室外側の熱の移動を抑制

※ 日射:地表に届く太陽光(可視光線+赤外線+紫外線:エネルギー)

複層ガラスはフィルム不要!?

一枚板の透明な窓ガラス(フロートガラス、単板ガラス)は、前に述べた通り、日射や熱の移動を低減させる機能は小さく、遮熱・断熱効果は期待できません。この対策のため、近年の住宅では複層ガラス※1が広く導入されています。これがあればフィルムは不要!?と思われるかもしれません。

もちろん、この複層ガラスと呼ばれる窓ガラスについては「断熱」の効果は期待できます。しかしながら、実は・・・「Low-E膜※2なるものをコーティング(色のついたガラス)したガラスでない限り、「遮熱」の効果はさほど期待できない点について理解が必要です(下表)。色がついていない透明な複層ガラスの場合には、降り注ぐ太陽光による熱を「断熱」効果によって室内にため込んでしまう状態になります(温室状態!)。このことから複層ガラスを導入されているお客様であっても、日射しが強くお困りになり、お問合せをいただくケースがあります。

つまり、複層ガラスであっても透明ガラスの場合には、暑さ対策においてフィルムが有効になります。

複層ガラスの種類 ガラスの枚数 断熱効果 遮熱効果
透明ペアガラス 2枚 あり なし
Low-Eペアガラス 2枚 あり あり
透明トリプルガラス 3枚 あり なし
Low-Eトリプルガラス 3枚 あり あり

※1 複層ガラス:2枚以上のガラスの組み合わせ ⇒ ペアガラス、トリプルガラスの総称
※2 Low-E膜:Low Emissivity(ロー・エミシビティー、低放射)の略であり、太陽光の可視光線は透過し、熱源(太陽やヒーター等)から放射される熱となる波長を選択的に反射する特性を持った特殊金属薄膜を示します。

弊社取り扱いの遮熱、遮熱・断熱フィルムについて

下記は弊社取り扱いの「遮熱フィルム」、「遮熱・断熱フィルム」に関しての説明です。ボタンをクリックすると内容が切り替わります。

お気軽にお問い合わせください。080-5518-4606土日もお電話お受けします/営業時間 8:30-18:00

お問い合わせ